よくあるご質問一覧

+

家族信託契約書を公正証書で作成する理由は、トラブル回避が一番の理由です。
公正証書を作成する際、公証人は、当事者の本人確認と当事者の意思確認(判断能力)を行い、当事者本人が信託契約をする意思があるのか、信託契約を本当に理解しているのか確認して作成されますので、偽造される可能性はなく、契約書としての証拠能力が高まります。

また、公正証書を作成するには、公証役場で直接手数料を支払う必要があり、弁護士費用とは別になります。

家族信託契約書を公正証書で作成する理由コラム