よくあるご質問一覧

+

残念ながら、認知症になってしまうと家族信託の契約を行うことができません。

認知症になると契約締結能力がないということになりますので、「家族信託契約」も締結することができなくなってしますます。

これは、相続対策である遺言や贈与なども同じで、認知症発生後は行うことができなくなってしまいます。

相続対策・認知症対策として家族信託を検討する場合には、早めにご相談されることをおすすめします。