相続問題に強い弁護士が
寄り添いながら、様々な問題を解決します。

相続問題は、遺産を遺したい方が亡くなる以前から始まっています。
いざ、遺産について話し合いを進めようとすると、兄弟姉妹の性格が一変してしまったり、予想だにしない問題が次々と表出してくることも少なくありません。今まで問題なく過ごしてきた親族間でも争いに発展してしまうことも・・・。

穏便に解決するには、第三者であり、相続問題の経験が豊富な弁護士に相談するのが最善の策といえるでしょう。
相続問題にお困りの方も、相続問題を未然に防ぎたい方も、まずは弁護士法人アジア総合法律事務所にご相談ください。

相続お悩み別サポート

遺産分割
遺留分
遺言
家族信託

相続調査プラン

何から始めていいか分からない方へ

公正証書遺言の有無の調査

公正証書遺言を作成していたかどうかを調査をします。

相続人調査

相続人となる方の調査を行い、相続関係説明図を作成します。

相続財産調査

相続財産の有無・内容を調査し、遺産(相続財産)を適正に評価・査定します。

相続セミナー・無料相談情報

相続・家族信託セミナーでは、家族信託を使った財産管理や相続対策、遺言などについてお話をさせていただきます。家族信託(民事信託)と遺言、任意後見、成年後見との違いについてもお話をさせていただきますので、ご自分・ご家族に合った対策を知ることができるきっかけになればと思います。

相続・家族信託の基本オンラインセミナー

相続対策をしておけば、もめなかったかもしれない家族のはなし

次回開催予定 令和4年9月15日(木)15時~

2020年8月29日(土) 奥村先生をお招きし、事業承継セミナーを開催しました
【牛頸公民館】特別講師として登壇しました
【水城台公民館】特別講師として登壇しました
2020年1月18日(土) 太宰府市で相続・家族信託のセミナーを開催しました

相続・家族信託コラム

家族信託・相続コラム
父が亡くなりました。相続人の中に認知症の母がいる場合、相続手続きはできないのでしょうか?
家族信託・相続コラム
「自分で、相続放棄の手続きを行いたい。」とお考えの方へ
家族信託・相続コラム
お盆の帰省時は、相続について話しやすいタイミング
家族信託・相続コラム
「遺言書の検認手続き」ってどうやってするの?
家族信託・相続コラム
自筆証書遺言保管制度
自筆証書遺言保管制度というものを知っておくと、便利!
家族信託・相続コラム
自筆証書遺言
自筆証書遺言ってどんな遺言なの?

相続・家族信託を知る

家族信託とは

家族信託(かぞくしんたく)とは、遺産を持つ方が自分の老後や介護等に必要な資金の管理・給付を行う際、保有する不動産や預貯金などを信頼できる家族に託し、管理・処分を任せる家族の為の財産管理のことです。

家族信託の基礎知識

家族信託(かぞくしんたく)の必要度や信託の設計方法など家族信託の基礎知識をご確認ください。

家族信託の活用ケース

家族信託の設計にあたって頻出する代表的な4つのパターンをご紹介しています。家族信託は自由度が高い設計ができますので、基本となる事例を学ぶことで、ご自身にあった信託の形へと応用していけます。

家族信託とその他の制度との違い

家族信託とその他の制度との違いをご紹介しています。

家族信託の活用事例

「親の認知症に備えるため家族信託を活用したい」「財産を成長した孫に定期的に給付できる家族信託を活用したい」など具体的な事例をご紹介しております。

他業種ができる家族信託提案方法

不動産会社様・金融機関・税理士事務所様・保険会社様などで活用できる家族信託をご紹介しております。

家族信託で対策をしておかないと…

家族信託で対策をしておけばよかった!認知症発症でのお困りごとベスト3

  1. 銀行の預金口座から
    お金が引き出せなくなる!
  2. 自宅が空き家に⁉
    不動産が売却できなくて大変!
  3. 成年後見人がつくことに⁉
    裁判所から監督されること!

こんなひとには家族信託がオススメ!

  • 認知症になった後でも相続税対策をしたい
  • 施設に入所するけど自宅を手放したくない
  • 今後のアパート管理が心配(オーナーの父が高齢など)
  • 障がいを持つ子供の将来が心配
  • 不動産が共有名義になっているまたはなりそう
  • 自宅が空き家になっており今後の管理が心配
  • 将来不動産を渡したくない相続人がいる
  • 新たに収益不動産の建築を予定している

専門家紹介

弁護士 小山 好文
弁護士 萱嶋 正之
行政書士 宍戸 徳雄

相続無料相談の流れ

相続のご相談は、まずはアジア総合法律事務所にお電話下さい。

家族信託を活用した相続対策などの生前対策、遺産分割などの相続問題に関わるご相談なら当事務所にお任せください。
家族信託や相続問題は、お客様に合わせたオーダーメードのお手続きとなりますので、当事務所にてお伺いいたします。まずは、ご予約をお願いいたします。

土日・祝日及び夜間をご希望の方は、ご相談ください。メールでのご相談はこちらからお願いいたします。

STEP
1

初回無料相談の実施

現在の問題点や将来に向けてご不安な点を、弁護士が丁寧にカウンセリングいたします。

お客様のお話をお伺いしながら、弁護士がご相談内容を明確にし、お客様一人一人に合った家族信託の活用方法をご提案いたします。

また、お客様にご用意いただきたいこと、スケジュールなどのご説明を行い、完了までのイメージをお伝えいたします。当事務所が、お客様の家族信託などの生前対策や遺産分割などの相続問題の完了までの一切の不安にお答えします。

STEP
2

お申込み/手続きの開始

カウンセリング後、ご納得いただければ、弁護士へのお申し込み契約をしていただきます。

STEP
3

お手続き完了報告

手続き完了後までに、随時進捗のご連絡を行います。

一般的には、手続きが完了するまでに、家族信託などの生前対策のサポートは開始してから、2~6ヶ月程度かかります。

遺産分割の交渉、調停については、6~12ヶ月程度かかることが多いです。

STEP
4

アフターフォロー

全ての手続きが完了した後も、不安なことが出てくる場合もあると思います。

それでも、ご安心下さい。当事務所の弁護士が、お客様の今後の相続に関する不安にお答えいたします。

お気軽にご相談下さい。当事務所はアフターフォローもしっかりと対応させていただきます。

STEP
5

当事務所のコロナ対策

代表のご挨拶

人が亡くなると、必ず相続が発生します。遺産をどう分けるのかを話し合ったり(遺産分割)、その話し合いに納得ができないケースや家族とお金の話をすることにストレスを感じる方はとても多いようです。わたくしたちは、相続問題にお悩みの方に寄り添いながら、できるだけ早期に、納得感がある解決ができるように努力しながら取り組んでいます。

また、最近では、「自分が親の相続で苦労したから子どもたちは同じ思いをさせたくない。」と、依頼者様本人の将来の相続に向けた生前対策のご相談も増えています。

生前対策と言えば遺言書の作成が広く認知されていますが、当事務所では、家族への想い・財産への想いを、個別の事情に沿って、争族になる可能性を0に近づけられるように、依頼者様と一緒に考えながらご支援ができる、「家族信託」にも力を入れています。

ご自身で築いてきた財産や先祖から受け継いできた財産を、自分の“願い”“想い”も込めて、確実に実現することができる「家族信託」の認知度は上がってきています。
わたくしたちは、相談者様のお悩み・ご希望を伺いながら、依頼者様と一緒に生前対策の設計に取り組んでおります。

お知らせ

家族信託・相続コラム
父が亡くなりました。相続人の中に認知症の母がいる場合、相続手続きはできないのでしょうか?
家族信託・相続コラム
「自分で、相続放棄の手続きを行いたい。」とお考えの方へ
家族信託・相続コラム
お盆の帰省時は、相続について話しやすいタイミング
家族信託・相続コラム
「遺言書の検認手続き」ってどうやってするの?
家族信託・相続コラム
自筆証書遺言保管制度
自筆証書遺言保管制度というものを知っておくと、便利!
家族信託・相続コラム
自筆証書遺言
自筆証書遺言ってどんな遺言なの?