よくあるご質問

収益不動産を家族信託で管理を息子にすると、家賃収入も息子のものになってしましますか?

父親が収益不動産の管理を家族信託で息子さんに任せたとしても、家賃収入は父親のものとすることが一般的です(自益信託の場合)。

家族信託をしたとしても、その収益不動産の実質的な所有者は父のまま変わりがありませんので、家賃収入や、不動産を売却した収入も父のままにすることができます。

厳密には、家族信託で一般的にとられる自益信託の形では、家賃収入は父親のままですが、他益信託で設計した場合は、指定された人(受益者)のものとなります。

 

【自益信託(委託者=受益者)の例】

 

自益信託では、父親が息子に財産の管理を託し、息子は父親のために財産の管理を行うという家族信託の定型的な形です。
イラストをみてていただければわかるように、自益信託では、財産の管理を託す人(委託者)と利益を受ける人(受益者)が同じ(父)となっています。
自益信託では不動産の実質的な所有者は父親のままとなっておりますので、不動産からの家賃収入や売却代金も父親のものとなります。

 

【他益信託(委託者≠受益者)の例】

他益信託では、父親が息子に財産の管理を託し、息子は孫のために財産の管理を行うという家族信託の形になります。
イラストをみてていただければわかるように、他益信託は、財産の管理を託す人(委託者)と利益を受ける人(受益者)が異なります。
他益信託の場合は、不動産からの家賃収入や売却代金は、受益者となる孫のものになります。

※他益信託は、贈与税がかかる可能性もありますので、通常は自益信託で家族信託の設計を行うことがほとんどです。

当法律事務所でも、自益信託で家族信託の設計のご依頼をいただくことが多いです。