2019年7月 福岡市内の保険会社で営業職の方向けに、家族信託についてお話をさせていただきました

福岡市内の保険会社で保険会社の営業職の方向けに、2日(全2回講演)分けて、当法律事務所の弁護士がお話をさせていただきました。

【第1回:遺言・家族信託等、相続基礎知識について】

  • 相続、認知症が絡む案件のトラブル事例
  • 相続の基礎知識
  • 家族信託(民事信託)とは
  • 認知症になったら困ること
  • 家族信託(民事信託)の仕組み
  • 成年後見制度、遺言との比較
  • 家族信託(民事信託)の事例
  • 保険外交員の知っておくべき相続知識
  • 相続が絡む相談案件に対する保険外交員の失敗対応と成功対応

 

【第2回:事業承継の基礎知識と事例紹介】

  • 家族信託実用事例(前回の続き)
  • 事業承継と家族信託
  • 相続放棄対策での生命保険の活用方法
  • 離婚が絡む場合の保険提案
  • 相談者の財産額を聞き出すテクニック
  • 相続対策に無関心な父(母)を動かす
  • 経営者における生命保険の活用方法

 

全2回の講演でしたが、沢山の方にご参加いただきました。
お客様に近い、外交員の方々は、いろいろとご相談を受ける機会が多いようです。
相談者だけで解決できるほど、相続問題は簡単ではありません。たとえ相談者だけで解決ができたとしても、相続についてお世話をしていないのに、保険の見直しを依頼したいと思わないので、案件に繋がることは少ないでしょう。また、相談者(お話をされる方)に肩入れをすると、他の相続人から保険会社もグルになって何かを企んでいると感じさせることもあり、問題は余計にこじれます。
相続の相談を受けた際、外交員の方に基礎知識があることで、相談者が何に悩んでいるのかや、相続案件に強い専門家を見極める方法のアドバイスも可能となり、お客様からの信頼度もあがるでしょう。

今回は、相続・家族信託の基礎知識、保険と相続の関係、家族信託と事業承継の関係についてを中心として講演をさせていただきました。