2019年2月3日(日) 春日市で相続・家族信託のセミナーを開催しました

2019年2月3日(日)に当事務所の弁護士が、春日市で「相続・家族信託の基本セミナー」を開催いたしました。

日本では、高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備群と言われています。今後も日本は高齢化が進むといわれているので、認知症の人はさらに増加するでしょう。

認知症になったら、不動産の売却ができずに預貯金が凍結されるなど、本人の財産が凍結されてしまうリスクがあります。

今回のセミナーでは、このような認知症による財産凍結に対して、家族信託を使ってどのような対策ができるのかや、家族信託(民事信託)の基本的な仕組みや、ほかの制度との比較、メリットデメリットをお話をさせていただきました。

日時:平成31年2月3日(日)10:00~
場所:福岡県春日市原町3丁目1-7
   クローバープラザ 502研修室

【セミナー内容】
家族信託(民事信託)とは
認知症になったら困ること
家族信託の仕組み
成年後見制度、遺言との比較
家族信託の活用事例
弁護士が考える、相続で大切なこと
相続診断