• 赤坂駅より徒歩7分
  • 画面予約はこちら
無料相談はこちら受付 9:00~19:00

0120-557-083

24時間受付中お問い合わせ

家族信託って認知症になってもできる?

残念ながら、認知症になってしまうと家族信託の契約を行うことができません。

認知症になると契約締結能力がないということになりますので、「家族信託契約」も締結することができなくなってしますます。

これは、相続対策である遺言や贈与なども同じで、認知症発生後は行うことができなくなってしまいます。

相続対策・認知症対策として家族信託を検討する場合には、早めにご相談されることをおすすめします。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

0120-557-083

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談